妻のおこづかい0円をやめます

更新日:

 

ほんの数か月前まで専業主婦でした。

 

専業主婦だったころ、

  • そこまで自分のもの買わない
  • 働いてないのにお小遣いをもらうのが心苦しい

という理由で妻のお小遣いは0円。

 

個人事業主になって数か月。

少しずつ自分のお小遣いを考えるようになったので、妻のお小遣いを設定してみました。

 

専業主婦時代、お小遣い0円に不満があったわけじゃない

もともとお小遣いが0円だったことに不満があったわけではなくて。

 

家にいることが多かったし、欲しいものはだいたい家のもの。

自分の物を買わなくても満足できていたし、なんの不満もなかったと思っていました。

夫とも相談して、専業主婦のころはお小遣い0円。

 

たまーーーーに何か欲しくなったら、ポイ活で貯めたポイントを使って買ったりね。

ポイ活とは?ポイ活のやり方完全ガイド

 

働きはじめて自分のお小遣いを設定したくなった

外で働けない代わりに家で働き始めて、個人事業主になって。

自分の収入がないころはお小遣いをもらうことに抵抗がありましたが、少しずつ「夫と同じようにお小遣いをもらいたい」と思うようになりました。

 

お小遣いを設定しようと動き出した最大の理由は、

「たまに、自分に使うお金を家計のお金から出していることに違和感があるから」

 

  • 夫のお小遣いは月30,000円

    (少し前に値上げしました)

  • 妻のお小遣いは月10,000円

    (多いかな…!?)

 

わたしは、外で働けないという理由で専業主婦になったので、働いていないことに対してどこかで負い目を感じていたのかもしれません。

夫の家族や親戚、何人もの友だちに「何で働かないの?」「家で何してるの?」って言われたもんね。気にしないわけないよね。

なんだかんだで、自分のお小遣いが嬉しい妻でした。

 

この幸せな環境を維持できるように、お仕事がんばります!

 

\ ずぼらのままで貯金する方法 /

節約ブログ『おにせつ』

節約・貯金のやり方をまとめています

  • この記事を書いた人

おにちゃん

夫と2人暮らし。結婚をきっかけに貯金ゼロ円生活から年間100万円貯金を達成。まだまだ未熟な主婦ですが、自分にできるところから節約・貯金に取り組んでいます。

-おこづかい

Copyright© おにログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.