エポスカードをメインカードにした理由は還元率と特典にアリ!実際に利用してみた感想・口コミ

更新日:

 

さまざまなクレジットカードを比較して調べた結果、現在わたしはエポスゴールドカードをメインカードとして利用しています。

エポスカードというと通常のポイント還元率が0.5%と低め。
それゆえ「エポスカードはメインカード向きではない」と思っている方も多いかもしれません。

でもエポスカードのゴールドカードって、実はコスパ最強なんです。

通常の還元率は、エポスカードと同じ0.5%

ところがエポスゴールドカードの場合は、年間100万円以上利用すると10,000円分のボーナスポイントがプレゼントされます。

100万円利用で10,000円分が返ってくるということは、1%還元と同じ意味。

つまり、通常の0.5%還元ポイントとあわせると、エポスゴールドカードのポイント還元率は実質1.5%という計算になるんです…!!

 

エポスゴールドカードの特徴

  • 年会費の負担が少ない(使い方次第で年会費無料も可能)
  • 年間100万円以上利用でポイント還元率が1.5%以上になる
  • 海外旅行保険の保険金額がエポスカードよりも手厚い
  • 空港のラウンジが無料で利用できる

 

もし年間100万円以上カードを利用するなら、エポスゴールドカードのポイント還元率は1.5%以上。

しかも、この1.5%還元とは別に

  • ネット通販やネット予約で最大30倍のポイントアップが望める
  • 月々の公共料金や保険料金の支払いを含む支払いポイントが最大3倍になる

など、特典利用でさらにポイント獲得を望めます。

まさにエポスゴールドカードはコストパフォーマンスの高いクレジットカード。

私自身も、メインカードをエポスゴールドカードにして良かったと思っています。

そこでこのページでは、私がエポスゴールドカードをメインカードとして利用するきっかけになった特典や、実際に利用してみた感想を詳しくまとめました。

公式サイト|年会費無料【エポスカード】


 

ゴールドカードなのに年会費の負担が少ない

エポスゴールドカードの年会費は通常5,000円。

ところが…

  • 年間利用金額50万円以上であれば、翌年以降の年会費が永年無料
  • エポスカードを使っていて招待(インビテーション)をもらうと、はじめから年会費永年無料

エポスゴールドカードは利用の仕方によって年会費が無料になるんです。

たとえば、エポスゴールドカードを作った初年度に年間利用額50万円を突破すると、年会費にかかるコストは生涯で5,000円のみ。

お得すぎて信じられないかもしれませんが、本当に本当に永年無料でゴールドカードが持てます。

▼公式サイト|年会費無料【エポスカード】

エポスゴールドカードには招待制度がありますが、招待されていなくても申し込めます。

エポスカードを持たずに、いきなりゴールドカードに申し込むこともできます。

 

エポスゴールドカードのメリット

ポイントの有効期限がなくなる

エポスカードはポイント有効期限が2年間なのに対し、エポスゴールドカードは有効期限そのものがなくなります。

 

年間利用額に応じたボーナスポイントでポイント還元率1.5%

事前の登録などは必要なくボーナスポイントを獲得することができます。

  • 年間50万円以上利用で2,500円分のボーナスポイント
  • 年間100万円以上利用で10,000円分のボーナスポイント

年間100万円以上の利用で、実質1%ポイント還元と同等。

通常のポイント還元とは別にもらえるボーナスポイントなので、年間100万円以上利用すれば実質1.5%ポイント還元と同じだけのポイントをもらうことができます。

普段の生活費・公共料金・保険料・携帯電話料金など、毎月かかるお金をエポスカード支払いにまとめてみると、年間100万円は決して不可能な金額ではありません。

公式サイト|年会費無料【エポスカード】

 

選べるポイントアップショップ

スーパー・コンビニ・ドラッグストアなど300店以上の対象ショップの中から、よく利用するショップを最大3つまで登録するだけで、エポスカードを利用したときの獲得ポイントが最大3倍(=1.5%還元)になります。

1回・2回払い
ボーナス払い
リボ払い
分割3回以上
通常のポイント数 200円ごとに1ポイント 200円ごとに2ポイント
登録ショップの場合 200円ごとに3ポイント
(通常の3倍)
200円ごとに4ポイント
(通常の2倍)

選べるポイントアップショップで選択できるのはマルイグループ以外の実店舗。

ガソリンスタンド・家電量販店・ディズニーリゾート・公共料金や保険料の支払いなども対象ショップの中に含まれています。地域や契約している保険会社によっては対応していないところもありますが、毎月の支払いも、まとまった支払いも、選べるポイントアップショップを使うことでトクできます。

公式サイト|年会費無料【エポスカード】

ネット通販のポイントアップには「たまるマーケット」というポイントアップサービスがあります。

 

海外旅行傷害保険の補償額がアップ

エポスカードは海外旅行傷害保険自動付帯が魅力のクレジットカードですが、ゴールドカードになると海外旅行傷害保険の補償額が手厚くなります。

エポスゴールドカード エポスカード
傷害死亡・後遺傷害 最高1,000万円 最高500万円
傷害治療費用 300万円 200万円
疾病治療費用 300万円 270万円
賠償責任(免責なし) 2,000万円 2,000万円
救援車費用 100万円 100万円
携行品損害(免責3,000円) 20万円 20万円

 

国内・海外の空港ラウンジが無料

当日の航空チケットとエポスゴールドカードを提示すると、空港ラウンジの利用が無料になります。

同伴者がいる場合は別料金がかかります(空港によって料金に差がありますが1,000~1,500円前後)。

エポスゴールドカードで利用できるラウンジのある空港

羽田空港、成田国際空港、新千歳空港、函館空港、仙台空港、小松空港、中部国際空港、大阪国際(伊丹)空港、関西国際空港、神戸空港、広島空港、松山空港、福岡空港、北九州空港、長崎空港、熊本空港、大分空港、鹿児島空港、那覇空港、ハワイホノルル国際空港、韓国・仁川国際空港

 

 

VISAゴールドカード会員のための国際線サービス

エポスゴールドカードは国際ブランドVISAのゴールドカードなので、VISAゴールドカード会員のための便利なサービスを利用することができます。

 

まとめ|エポスゴールドカードはメインカードに最適

エポスゴールドカードは年間100万円以上で実質1.5%還元になるコスパ最強カードです。

「年間50万円以上の利用で翌年度以降の年会費が永年無料」というほぼ年会費無料といってもいいほどの安さにもかかわらず、特典やサービスが充実しています。

すでにエポスカードをお持ちの方でも、年間100万円以上利用するペースで利用するのであればゴールドカードのインビテーション(招待状)を待たずにゴールドカードに切り替えてしまうほうが得です。

ネット申し込み限定の入会特典もあるのでお見逃しなく。

▼公式サイト|年会費無料【エポスカード】

▼現在の入会特典>>「最新版!エポスカード入会キャンペーン特典完全ガイド

 

公式サイトでキャンペーンを確認する

 

よく読まれているページ

1

  今からエポスカードを申し込むなら、インターネットでの申し込みが一番アツい!   ずぼらちゃんなんでネットから申し込むのがいいの? カードくん実は、ネット申込にはネット限定の特別 ...

2

  ずぼらちゃんエポスカードのポイント還元率は何%?   新しいクレジットカードを検討するときは、ポイント還元率が気になりますよね。   年会費無料エポスカードのポイント ...

3

  さまざまなクレジットカードを比較して調べた結果、現在わたしはエポスゴールドカードをメインカードとして利用しています。 エポスカードというと通常のポイント還元率が0.5%と低め。 それゆえ ...

-エポスカード基礎知識

Copyright© エポスカード完全ガイド2019 , 2022 All Rights Reserved.