今流行の新しい節約「ポイ活」とは?

【節約家計簿】子なし夫婦2人家族の生活費を公開中

 

このページでは、子なし夫婦2人で生活する、当ブログ管理人「おにちゃん」家の家計簿を公開しています。

おにちゃんちの家族構成

現在、アラサー夫婦2人家族

  • 夫は会社員
  • 妻は専業主婦

 

子どもなしの「貯めどき」ですが、専業主婦をしています。

 

友人や知り合いに「専業主婦いいなぁ」と言われてフクザツな気持ちになることもありますが…😰

わたしが家にいる理由は、外に出て普通に働くことが難しくなってしまったため(この辺の事情はプロフィールに書きました)。

最近は家事の合間にブログやサイト制作をしながら、少しずつ収入を得られるようになってきました。目標は手取り額で旦那と同じぐらいの収入を生み出せるようになって、2馬力と言えるようになること!

現在は夫の収入のみで暮らしています。

おにちゃんちの収入

基本は夫の1馬力。

  • 手取り15~25万
  • ボーナスは年2回

夫の手取り月収は残業代による上下が激しく、いいときと悪いときで10万円以上の差があります。(恐怖しかない…)

できることなら月15万円以内でやりくりして、それ以外で貯金できるのが理想。

このほかに現在は妻のネット収入月5~10万円ほどありますが、月5万を超えはじめたのはごく最近のこと。これからどのようにお金を振り分けていくか考え中。

今のところは妻のネット収入は家計や貯蓄額に加えずに管理しています。

おにちゃんちの家計簿予算

正真正銘のずぼらなので家計簿自体はかなり適当なんですが…

  • お金を何に使っているか
  • 適切な支出だったか
  • 使いすぎていないか

身の丈に合ってない支出や使いすぎを防止することだけは気を付けています。

お給料が出たら、まずは全額おろして予算別にお金をわけわけ。

王道の袋分け管理でやりくりしています。

固定費の予算

家賃 41,000円
保険 9,000円
水道光熱費 16,500円
通信費 18,000円
おこづかい(夫) 20,000円
おこづかい(妻) 0円
104,500円
  • 住宅補助が月25,000円。家賃は住宅補助分を引いて計算
  • 保険は夫の分のみ
  • 通信費はスマホ2台と光回線

妻(わたし)の保険は、1年ちょっと前に病気をした関係で、現在加入できる医療保険が高額なものばかりという事実を突きつけられ。。保険加入を見送っている現在です…💧

このままというわけもいかないので、2018年夏~冬のあいだに夫の保険の見直し&妻の保険加入を検討中。

 節約効果が出やすい!固定費の節約方法まとめ

変動費の予算

食費 週6,400円×5週
米(10kg) 4,000円
日用品費 4,000円
ガソリン代 10,000円
予備 10,000円
60,000円
  • 実家・義実家からのもらいものなどは一切無し
  • 食費以外はあまったら翌月繰り越し

 我慢しすぎず無理なく節約!変動費の節約方法まとめ

特別費の目標(目的別積み立て)

2018年4月からスタート!

「突然の出費にも耐えられるように」

目的別の積み立て始めました✨

おにちゃん
おにちゃん
あくまでも目標額!貯められるときに貯める
アパート更新 3,240円
車の維持費 12,000円
帰省費 3,000円
医療費 4,000円
イベント費 5,000円
冠婚葬祭 10,000円
美容院・シャンプー 5,000円
被服費・クリーニング 4,000円
旅行積み立て 5,000円
  • 車の維持費は車検・半年点検・税金・予備
  • イベント費は親・兄弟の誕生日や母の日・父の日・お年玉など
  • 冠婚葬祭はちょっと多めだけど現金でピン札貯金

おにちゃんちの貯金

予算ごと・積み立て別にお金を振り分けたら、残りは全額貯蓄口座へ。

今は貯めているだけだけど、今年中に証券口座を開設して毎月少額からでも投資に回して、お金を増やしていく方法を学んでいく予定。

私の場合は、先取り貯金をはじめてから貯金ができるようになりました。