今流行の新しい節約「ポイ活」とは?
年間100万円貯金方法

家計の固定費を節約する方法まとめ|ムダな出費を見直す手段とは?

 

「節約するならまず固定費から」

固定費とは、家賃や住宅ローン・保険料など毎月払う支出のこと。

一般的に「節約」というと食費などの生活費を削ることを思い浮かべますが、本当に大事なのは固定費を見直して削減することです。

なぜ固定費からなのかというと…

固定費は一度見直すだけで毎月自動的に効果があらわれる支出だから。

たとえば…

 

ずっと使い続けるものだからこそ、長期的にみたときの節約効果が抜群!

 

おにちゃん
おにちゃん
毎月支払っている固定費の中に減らせるものがあったら、それは節約の大チャンス

 

節約をするならまずは固定費の見直しから。

固定費を見直して生活水準を変えずに支出を減らす方法をまとめてみました。



固定費の見直し簡単2ステップ

なにからはじめたらいいか迷ったら、まずは今の支出を見直すところから!

現状の固定費をすべて洗い出す

現在の支出を知るために、まずは今支払っている固定費をすべてを紙に書き出します。

  • クレジットカードの明細
  • スマホ料金の明細
  • 銀行口座の通帳・履歴
  • 毎月振り込んでいるもの

すべてをチェック!

固定費の例

  • 家賃、住宅ローン、マンション管理費、町内会費、駐車場代
  • 電気代、ガス代、水道代
  • スマホ代、携帯電話・固定電話料金、インターネット回線
  • 自動車保険、生命保険、医療保険、がん保険
  • 塾の授業料、習い事の月謝
  • 新聞購読料
  • 月額アプリ、月額動画会員、月額サービス
  • スマホやパソコンの付帯サービスなど

金額の大小関係なくすべてを書き出します。

月額300円のものであっても、毎月支払なら年間3,600円。

気付かず放置していれば3年で10,800円の出費になってしまいます😰

固定費はどんなに少額でも、使っていなければ大きな無駄になるので要注意。

不要な固定費を削る・プランを変更する

書き出した固定費の中で

 

おにちゃん
おにちゃん
あれ、こんなに高かったっけ?
おにちゃん
おにちゃん
こんなの支払ってたっけ?

 

と感じたら見直しのサイン。

プランの変更や見直しだけで安くなることもあるので、積極的に相談・見直しをしてみましょう。

固定費の節約方法まとめ

もっとも簡単に節約できるのは通信費(スマホ代)

手っ取り早く節約するなら、毎月のスマホ通信費を削るのが効果的。

わたしもドコモから楽天モバイル(格安SIM)に乗り換えました。

ドコモには契約年数に比例して安くなる割引制度があるので乗り換えることに抵抗がありましたが、ドコモの割引に頼るよりも楽天モバイルに変えた方が圧倒的に安いんですよね。

夫婦のうち妻だけ乗り換えた結果、年間7万円の節約になりました。

その後「もっと安くできないか?」とプランを見直したら、月額1,350円でスマホを利用できることに!来月からはドコモ時代と比べて年間9万円の節約になりそうです。

格安SIMに乗り気でない夫をキャリアスマホのままにしていても、妻側の改善だけでかなりコストを削減できたので大満足です。

ドコモから楽天モバイルに買い替えるまでのステップと買い替えた感想

収入の30%に収めたい!住宅費の節約

一般的な住宅費(家賃・住宅ローン)の目安は収入の3割。

手取り収入×0.3=住宅費の目安額

多く払いすぎていたら見直しどきかもしれません。

住宅ローンなら借り換えの検討で返済金額が減る可能性があります。

まずは無料で相談!住宅ローン借り換えセンターのサイトをみてみる

電力自由化で電気代の節約

2016年に電力自由化がはじまってから、電力会社や電気料金のプランの見直しで電気代を節約できるようになりました。

見直しをするだけで年間10,000円~20,000円の節約になる例も珍しくないので、診断だけでもしてみる価値はアリ。

わが家は一括受電のアパート住まいなので電力会社の変更はできていませんが、今後引っ越すことがあったら積極的に検討する予定です。

 

おにちゃん
おにちゃん
電気を消してくれない夫にイライラするよりも手っ取り早いかも

 

まずは電気料金比較サイトを使って料金シミュレーションをしてみよう!

電力比較サイト「エネチェンジの電力比較シミュレーション」なら、簡単なデータの入力作業だけで複数の電力会社を比較できます。

基本料金の診断以外に、実際にデータを計測して解約金やポイント割引などを考慮した詳しい診断をするなら「最適電気プラン診断サービス でんくまくん」で無料診断を申し込めます。

ためしに電力比較シミュレーションしてみる

ガス自由化でプロパンガス代の節約

「プロパンガス、めちゃくちゃ高いですよね…」

電力自由化に続いて2017年にはじまった「ガス自由化」

電力会社と違って、アパートやマンションの場合はガス会社を切り替えるのは難しいですが、戸建てにお住まいの方はガス会社を選ぶ自由があります

切り替えたところで安くなるのか、そこまで変わらないのか、まずはプロパンガス料金比較サイトで無料一括見積りをしてみるがおすすめ。

無料で相談!プロパンガス料金比較サイト「enepi(エネピ)」をみてみる

保険料の見直しで節約

保険の商品はどんどん新しいものが出ているので、保険料は数年に1度見直すのが常識と言われています。

いちいち見直すのは正直めんどうですが、保険料の最適化(見直し)だけで節約できる可能性は十分にあります。

わかりづらい保険の比較はプロに相談するのが一番!

近所にある保険の窓口を探すなら保険ショップの検索・予約サイトの「LIFULL保険相談」で複数ショップを同時に検索できます

自宅に訪問してもらうなら何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】で相談できます

新聞の購読の見直しで節約

当たり前のようにあるものだと思っているものでも、意外と不要なものって多いですよね。

「自分の生活に新聞は本当に必要か?」「代用できるものがないか?」

新聞の購読が本当に必要かを一度考えてみてもいいかもしれません。

朝刊だけの購読に切り替えるだけでも節約効果があります。

新聞を解約すれば月3,000円~5,000円、年間で36,000円~60,000円の節約に。

月額会員サービス、動画サービスの見直しで節約

アプリの月額会員や月額動画サービスなど、解約し忘れている月額料金はありませんか?

目に見えない月額サービスは意外と危険

  • 月300円の支払いでも、年間で3,600円
  • 月1,000円の支払いなら、年間で12,000円

見たところそこまで高くない料金だとしても、月日が経つと大きな金額になってしまいます。

スマホ料金の付帯サービスを見直しで節約

スマホ料金の利用明細、きちんと確認していますか?

  • 契約時に30日間無料だからと付けられたサービス
  • 実はそこまで利用していない月額サービス

そのままにしていませんか??

スマホやパソコン・タブレットの購入・機種変更などのタイミングでは、あれもこれもお得だからと契約させられがち。

不要なものに加入していないか、今のプランが最適かどうかを確認しましょう。

まとめ|固定費の見直しは節約に効果的

まとめてみると、固定費の見直しには無料で診断・相談できるものがたくさんあります。

無料で相談できるなんて怪しい…!?と感じるかもしれませんが、相談したあとに必ず契約しなければならないわけではありません。納得できなかったら見送っても大丈夫。

 

固定費の節約をするならまずは

  • 気軽に無料診断・無料相談をしたり
  • 不要な月額サービスを退会すること

からスタート!

どれからはじめるか迷ったら、格安SIMへの切り替えがオススメです!

次へ>>ドコモから楽天モバイルに買い替えるまでのステップと買い替えた感想

 固定費の節約方法をもう一度みてみる