今流行の新しい節約「ポイ活」とは?
年間100万円貯金方法

貯金ゼロ主婦が年間100万円貯めるためにやったことリスト【保存版】

 

このページでは、貯金ほぼゼロだったわたしが年間100万円貯めるまでにやってみた貯金のやり方を公開しています。

 

わたしが辿り着いた貯金方法は、本や雑誌などでみかける王道のやり方ばかり。

おにちゃん
おにちゃん
特別な裏ワザがあるわけではありません

 

やり方自体に特別なことはありませんが、失敗しても改善し続けることだけは意識して取り組みました。

気を付けたことは

  1. 失敗してもいいからまずやってみる
  2. 上手くいかなかった原因を考える
  3. 反省を生かして再びチャレンジする

です。

上記のように約1年間トライアルアンドエラーを繰り返した結果、100万円貯金を達成できました。

このページでは、わたしが失敗と反省を繰り返しながら「効果があった!」と感じた貯金のやり方を4つのステップにまとめました。参考になることがあれば嬉しいです。



ステップ1.貯金計画を立てる

ひと月あたりの貯金目標を知る

貯金をするためにまず取り組んだことは

「目標貯金額を貯めるために、日々どのぐらいお金を貯めていけばいいのか」

を知ることです。

わたしの場合は、1年で100万円を貯めるために毎月いくら貯めればいいのかという作戦を立ててみました。

参考記事:1年で100万円貯金するための毎月の貯金額はいくら?

予算に悩んだら家計の黄金比率を参考に

目標に向けた支出予算を決めるときには、家計の黄金比率が参考になりました。

家計の黄金比率とは「理想的な支出の目安」のこと。

参考記事:家計の黄金比率(家族構成別、手取り収入別)一覧

ステップ2.目標に合わせて「先取り貯金」

先取り貯金とは「あまったお金を貯金するのではなく、先に貯金をしてあまったお金で生活する」という貯金のやり方。

お金がなくなるたびに引き出すよりも、お金の管理がしやすくなります。

絶対に引き出さない貯金用口座を作り、無理のない金額から先取り貯金をはじめましょう。

 初心者向け!先取り貯金で毎月確実にお金を貯める簡単3ステップ

あわせて読みたい
先取り貯金でもう失敗しない!毎月確実にお金を貯める方法 まさに3年前の自分がそうでした。 先を見据えればお金が必要な未来しかなくて、 「結婚するなら」 ...

ステップ3.予算にあわせた「袋分け家計簿」

予算を守るのが難しい変動費(食費や日用雑費・レジャー費など)は、袋分け管理をするのが効果的でした。

決めた予算だけを封筒やお財布に入れて、予算の残金を現金で見える化しましょう。

 初心者向け!袋分け管理で「決めた予算を守れる」管理をしよう

あわせて読みたい
袋分け家計簿でかんたんに家計管理をする方法 20代後半まで貯金できなかったわたし… 貯金に取り組むために、まずはじめたことが「袋分け管理」と「...

ステップ4.多すぎる支出を減らす

だいたいの毎月のお金の流れがわかってきたところで、多すぎる支出を減らす工夫をはじめました。

固定費・変動費|タイプ別の支出を知る

家庭で出ていく支出のタイプはおもに2種類。

「固定費」「変動費」です。

  • 固定費 毎月の家賃や保険料など毎月払う支出のこと
  • 変動費 食費や日用雑費など日々の生活で使う支出のこと

毎月ほぼ同じ金額が出ていく固定費と、暮らし方によって上下が激しくなる変動費。

支出のタイプによって見直し方が違います。

家計簿を付けているなら、固定費と変動費を分けて記録すると改善点がわかりやすかったです✨

 家計管理の固定費と変動費って何?家計簿の項目・内訳一覧

あわせて読みたい
家計管理の固定費と変動費って何?家計簿の項目ごとにみる内訳一覧 家計管理のやり方や節約方法を調べていると「固定費」と「変動費」というワードをよく見かけますよね。 「固定費...

節約するならまずは固定費の見直しから

一般的に「節約」というと食費など生活費を削ることを想像しますが、本当に大事なのは固定費を見直して減らすことです。

なぜ固定費からなのかというと…

固定費は一度見直すだけで毎月自動的に効果があらわれる支出だから。

ひと月あたりたった3,000円の節約でも、3年経てば計10万円以上の節約になります!

「固定費は絶対見直したほうがいい…!!」

 【保存版】固定費の節約ワザ完全ガイド

あわせて読みたい
家計の固定費を節約する方法まとめ|ムダな出費を見直す手段とは? 「節約するならまず固定費から」 固定費とは、家賃や住宅ローン・保険料など毎月払う支出のこと。 一般的に「節約」という...

変動費は頑張らないで楽しく節約!

「節約するなら固定費から!」とは言いますが、食費や日用雑費など日常の支出で散財していてはいつまで経ってもお金は貯まりません…😰

ダイエットと同じで、無理のある節約はあとで必ずリバウンドします

変動費の節約は楽しく取り入れるのがポイント。

 【保存版】変動費の節約ワザ完全ガイド

あわせて読みたい
家計の変動費を節約する方法まとめ|我慢しすぎず楽しく節約 変動費とは、食費や日用雑費など日々の生活で使う支出のこと。 変動費はちょっとした意識や努力ですぐに節約できる支出。 ...

参考にするなら雑誌よりも本を1冊手に取ろう

「日経ウーマン」や「サンキュ!」などの女性向けマネー雑誌。

わたしも好きでよく読むのですが…

節約や貯金の特集を読んでも、なかなか実行できずに貯められないことはありませんか?

 

おにちゃん
おにちゃん
節約するための情報をたくさん集めてるはずなのに、なんでいつまでも貯金できないんだー!?

 

と感じているあなたには…

本屋さんに並んでいる節約系の本から、中身をパラパラ読みながら「これいいかも…!」と感じる1冊を買ってみるのがオススメ。

雑誌を見て「ふーん!そうなんだ!」と時間をすごすよりも、気に入った1冊を参考に「読んでみて 実際にやってみる」をやってみるほうがずっとずっと効果がありました。

おにちゃん
おにちゃん
たくさん知ればいいってもんじゃないんだねぇ…

 

わたしが節約を実行に移すために使っていた本は2冊。

(本当は1冊にしぼったほうがいい…笑)

2冊とも横山光昭さんの本です。

本の中で紹介されている基本的な家計管理方法はほぼ同じ内容でした。

1年で100万円貯められるゆる貯め家計」は、主婦向けの家計管理のやり方が丁寧にやさしく漫画風に描かれている書籍。

20代から知っておきたいお金のルール」は、家計管理以外に社会人なら知っておきたい保険・年金・税金の基礎知識をやさしい言葉で解説されている書籍です。

節約のモチベーションを保つなら、節約ブログを見て刺激を受けるのもオススメです。

さいごに

はじめにも書きましたが、それほど特別な節約術はおこなっていません。

すでによく耳にする定番のやり方を基本にやりくりしています。

わが家の手取り月収は低いほう。でもボーナスが年2回あったので「ムダな支出を知って減らすこと」と「ボーナスをできるだけ貯金に回すこと」を実行した結果、1年間で100万円を貯めることができました。

 

大事なのは、知ったことを実際に自分で試してみること。

自分にもできそうなやり方を知る まずやってみる 上手くいかなかった原因を考える 反省を生かして再びチャレンジする

 

恥ずかしながら、わたしはほんの数年前まで貯金がありませんでした。

なので自分には貯金をすることなんて一生できないんじゃないかと思っていたこともあります。

お金について赤裸々に相談できる友達はなかなかいなくて、安定した職業にも就いていなくて、周りとの所得格差を感じては不安になった日も多かったです。

でも、そんなわたしでも、1つ1つの節約術を実際にやってみて、振り返って、改善していくことで、自分に合った家計管理が少しずつわかってきました。

今は、給料日に予算を振り分けることがすごく楽しいです。

 

まだまだ未熟な主婦ですが、参考になることがあればうれしいです。

 

収入・支出予算を公開中

当ブログについての紹介

 管理人おにちゃんのプロフィールをみる

ブログのほかにTwitterを使い始めました。ブログのことや日々の暮らしのことについてつぶやいています。

興味がわいたら気軽にフォローしてください☺

Twitterのフォローはこちらから