イマドキの賢い節約ワザは「ポイ活」
家計管理はじめかた

1年で100万円貯めるのは無理ではない!毎月の貯金額はいくら?

 

貯金の目標額と聞いて思い浮かぶ金額は「100万円」ですよね。

わたしもそうでした。

でも、貯金が3ヶ月以上気持ちが長続きしたことないし、お金を貯められる未来は想像できなくて…

 

過去の自分
過去の自分
100万円貯金とか、わたしには無理…絶対無理…

 

と思っていました。

でも、結婚をキッカケに家計管理の本を手に取ってみたり、節約ブログを読み漁っていくうちに「あれ…?これならわたしも貯金できるかも?」と思えるようになって、

貯金なんてできないと思っていたころは、貯金するための計画の立て方を知らなかっただけだったんだと気が付きました。

このページでは、預金残高26,000円で結婚した元浪費家主婦が年間100万円貯めた方法をまとめてみました。


 

1年間で100万円貯金する方法

1ヶ月あたり83,333円貯める

100万円÷12ヶ月=83,333円

毎月83,333円貯めると1年後には100万円が貯まります。

夫婦2人で子なし&共働きだったら8万円は無理のない金額かもしれませんが、「毎月8万円を捻出するのが大変!!」ですよね。

わが家は残業代で手取りが大きく変わるので、毎月8万円安定して貯金するのはちょっと…無理です…

ボーナス込みで考えてみる

ボーナスの貯金を含めて計画を立てると、毎月の貯金額が少し現実的になります。

たとえば

  • ボーナスだけで年20万円貯金できれば、月66,666円
  • ボーナスだけで年30万円貯金できれば、月58,333円
  • ボーナスだけで年50万円貯金できれば、月41,666円

年間100万円貯金は可能です。

わが家もボーナスほぼ全額貯金をめざして、約50万円ほどの貯金。

あとは毎月4万円を目標に貯金を心がけています。

おにちゃん
おにちゃん
欲を言うと年150万貯金したいから、最近は月8万円貯金できるように工夫するのが目標!

ボーナスの代わりに考えられる手段

ボーナスに頼らず100万円を達成したい場合、

  • 毎月の支出を減らすことや
  • 収入を増やすことで

100万円貯金を目指すことができます。

支出を減らす(節約)

支出を大きく減らすなら、固定費の見直しが効果的。

毎日食費や生活費をガマンする節約は大変ですが、固定費の見直しなら1度思い切って切り替えるだけで、そこから毎月一定額を節約できます。

意外とカンタンで取り組みやすいのは格安SIMへの乗り換え

>>ドコモから楽天モバイルに乗り換えて年間7万円の通信費節約

わたしの場合は乗り換えただけで通信料が半額以下になって、最近は「格安SIMは嫌だ」と拒否してた旦那も興味津々です。

ほかには、今の自分に合った保険を見直せば月々の保険料が安くなる可能性もあります。

何年か前に契約したまま見直ししていない保険、ありませんか?

公式サイト>>保険料節約なら、保険見直しラボで無料相談!

 

収入を増やす

収入を増やすというと、一般的には「昇給を待つ」ぐらいしか思い浮かばないかもしれませんが…

2018年は副業元年と言われるほどに、世間的に副業をみとめる動きがはじまっています。

すぐに数万円単位でお金が必要ならパートやアルバイトで労働時間を増やすのがベスト。

長期的に収入を増やしていくなら、インターネットを使った副業がおすすめです。

>>自宅でスキマ時間にできる「安全な副業」には何がある??

あわせて読みたい
収入を増やそう!主婦にもできる安全な副業の選び方まとめ 「貯金を増やすためには節約だ!」と考えがちですが… 「収入を増やすことは、無駄を減らすことと同じぐらい大切なことだ」という...

まとめ|年間100万円貯金は無謀な金額ではない

貯金に対してうまくいくイメージがないと、100万円はすごく遠い金額のように思えますよね…

めちゃくちゃお金にだらしなかった元浪費家主婦のわたしが年間100万円貯められたのは、

  • 月々の貯金目標を決めて
  • 支出を減らす・収入を増やす努力をする

という考え方でした。

「100万円貯金」という大きな目標は、1ヶ月単位で叶えられる目標に置き換えることでグッと近い存在になります。

自分の支出が多いのか少ないのかわからないときは、家計の黄金比率を参考にするのがおすすめ。

次へ>>「家計の黄金比率から支出を見直そう!家族構成別・手取り月収別の理想の支出計算方法



ブログランキングに参加中
記事が参考になったら、ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 
ABOUT ME
おにちゃん
おにちゃん
アラサー主婦ブロガー。超がつくほどの面倒くさがりなことを生かして、ラクにできる家計管理を実践中。 → 詳しいプロフィールをもっとよむ
節約は保険の見直しから

保険料の節約で
子どもの教育資金に
住宅ローンの返済に
老後のための貯蓄に
お金を回せるかもしれません。

節約に効果的なのは固定費の削減です

保険料節約なら、
保険見直しラボで無料相談!

 



ブログランキングに参加中
記事が参考になったら、ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ