ポイントサイト

PeX(ペックス)の使い方ガイド|ポイント失効を防げるポイント交換サイト

 

おにちゃん
おにちゃん
PeX(ペックス)って何?

PeXは提携先100ヶ所以上のポイント交換サイト

(ポイント交換サイトとは、ポイントサイトなどで貯めたポイントを現金や他のポイントに交換できるサイトのこと)

結論からいうと、PeXはポイントの有効期限を引き延ばすことが得意なポイント交換サイトです。

うっかりポイント失効をしてしまいがちなズボラな人にはすごくおすすめ。

反対に、交換手数料を1円たりとも払いたくないと考えている人にはおすすめできません。(交換手数料無料のポイント交換サイトなら「ドットマネー」が便利です)

このページでは、PeXのことをよく知らないあなたのために、PeXの特徴と注意点をまとめました。

2019年3月11日~

PeX Tポイント」がリアルタイム交換対応になりました。

ウェル活に使うTポイントが足りないときはPeXを使いましょう!

PeX
公式サイトをみてみる

PeX(ペックス)の特徴・メリット

PeX」は日本最大級のポイント交換サイト。

ポイント界隈では「PeXに交換できないサイトはない…!」と言っても過言ではないほど、広く浸透しているサイトです。

銀行振込に対応していないサイトでも、PeXに交換できれば現金化できます。

おすすめ度
ポイント10P=1円相当
交換手数料手数料が必要な
交換先が多い
有効期限1年に1回ログインすれば
ポイント失効なし

ポイント有効期限を引き延ばせる

PeXは1年に1回ログインするだけで、ポイント失効のリスクを防げます。

他サイトのポイント有効期限は

  • ポイント獲得日から○ヶ月
  • 最終ポイント獲得&交換から○年

といった条件をよく見かけます。

PeXの条件は12ヶ月以内のログインのみ

最終ログイン日をいちいち覚えていられないほどズボラなわたしでも、PeXでポイント失効したことはこれまで1度もありません。

おにちゃん
おにちゃん
これは本当にすごい!

PeXに交換できるサイトが多い

PeXにポイント交換できるサイトはとてもたくさんあります。

PeXからのポイント交換先が豊富

PeXは交換先が豊富です。

  • 銀行振込
    ゆうちょ銀行
    みずほ銀行
    楽天銀行
    その他の銀行
  • Amazonギフト券
  • iTunesギフトコード
  • 楽天ポイント
  • Tポイント
  • dポイント
  • Pontaポイント
  • リクルートポイント
  • LINEポイント
  • nimocaポイント
  • nanacoポイント
  • 楽天Edy
  • ポレット(Pollet)など

PeXのデメリットと注意点

ポイント交換に手数料がかかる

PeXのデメリットはポイント交換に手数料がかかること

(一部の交換先は手数料無料で交換できます)

ポイント交換に一定の手数料がかかることは当たり前といったら当たり前の話ですが、最近は交換手数料無料のポイントサイトやポイント交換サイトが存在しているのでデメリットとしました。

まとめ|PeXはポイントが失効しづらいポイント交換サイト

PeXはさまざまなサイトのポイントを1つにまとめられるポイント交換サイトです。

1年に1回ログインしていれば有効期限を気にすることなく利用できるので、たくさんのサイトを管理している人にはピッタリ。

PeX
公式サイトをみてみる

有効期限のことよりも交換手数料が気になるなら「ドットマネー」がおすすめ!

ドットマネーについては「ドットマネーの使い方ガイド|交換手数料完全無料のポイント交換サイト」で詳しく解説しています。

最近、ポイントサイトなどのポイントが貯まるサービスを使って、ポイントを貯めること=「ポイ活」が注目されていることを知っていますか?

雑誌やテレビなどにも取り上げられるほど、世間的にもポイントを貯めることが注目されているのでチェックしてみてください。

次へ>>ポイ活のやり方完全ガイド|初心者さん向けにどこよりもわかりやすく解説します

ブログランキングに参加中
記事が参考になったら
ポチっと応援お願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 

節約ブログのトップページに戻る