家計管理はじめかた

スライド貯金のやり方をわかりやすく解説【図解つき】

 

スライド貯金とは、1ヶ月分のお給料で35日間(5週間)やりくりする貯金の仕組みづくりのことです。

これまで30日間でやりくりしていた予算を35日間でやりくりすると、半年後には7ヶ月目の1ヶ月分の生活費がまるごと貯金できる計算に。

このページでは、ちょっぴり複雑なスライド貯金の仕組みをわかりやすくまとめてみました

おにちゃん
おにちゃん
参考にしていただけたら嬉しいです

スライド貯金の仕組み

スライド貯金の1ヶ月は35日(5週間)

本来は1ヶ月ぶんのお給料で4週間+2,3日生活しているところを…

スライド貯金では、1ヶ月ぶんのお給料で35日間(5週間)やりくりします。

35日やりくりを続けていくと半年後には1ヶ月分貯金できる

1ヶ月ぶんのお給料で35日間のやりくりを続けていくと、1ヶ月のはじまりが5日ずつズレていきます。

2ヶ月目は10日ズレて

3ヶ月目には15日ズレて

4ヶ月目には20日ズレて

5ヶ月目には25日ズレて

・・6ヶ月目には、1ヶ月(30日)のスライドが完成!

つまり、6ヶ月分のお給料で7ヶ月生活できてしまう計算になるんです。

「毎月35日ずつやりくりして、1ヶ月の生活費がまるごと貯金できる」

1年間続ければ2ヶ月分の生活費を貯められる!

これがスライド貯金の仕組みです。

スライド貯金のやり方

スライド貯金は変動費(やりくり費・生活費)でおこなう

毎月の住宅費・学費など、固定費でスライド貯金を実行するのは難しい…!

なので、スライド貯金は変動費(食費・生活費)の中でおこないます

毎月の変動費が

  • 月4万円だったら、年に8万円
  • 月5万円だったら、年に10万円
  • 月6万円だったら、年に12万円

貯められる計算に。

あわせて読みたい
家計の固定費・変動費ってなに?支出を見直す2つのコツ家計の支出を『固定費』と『変動費』の2つに分けて、支出を見直す方法を知っていますか? 家計を改善したいけど、何から手を...

スライド貯金なら袋分け管理がおすすめ

スライド貯金をはじめるとき、既製品の家計は使いづらいです。

かといって家計簿ノートを自作するのはちょっぴり大変・・(;^ω^)

そんなときは手軽にはじめられる袋分け管理がおすすめ!

1週間ごとに予算を決めて袋分けすると、使いすぎのムラも省けます。

あわせて読みたい
今更聞けない?袋分けで予算を守れる家計管理を成功させる3つのコツ誰でもかんたんに取り組める家計管理方法として知られている、袋分け管理。 昔から馴染みのある方法なので、やりくりや節約に興味のある方...

まとめ|スライド貯金で2ヶ月分の生活費を貯金しよう

1ヶ月の月始めと月終わりの曜日って、ほぼ毎月違いますよね。

月またぎの週予算をどうやって管理するかはおうちごとに違うと思いますが、スライド貯金を取り入れればいつでも5週間ずつ管理できるのですごく便利。

細かいことが気になっちゃう性格の人ほど、スライド貯金でラクできます。

おにちゃん
おにちゃん
食費だけスライド貯金を導入してみるのもおすすめ

 



ブログランキングに参加中
記事が参考になったら、ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 
ABOUT ME
おにちゃん
アラサー主婦ブロガー。超がつくほどの面倒くさがりなことを生かして、ラクにできる家計管理を実践中。
詳しいプロフィールをもっとよむ
節約は保険の見直しから

保険料の節約で
子どもの教育資金に
住宅ローンの返済に
老後のための貯蓄に
お金を回せるかもしれません。

節約に効果的なのは固定費の削減です

保険料節約なら、
保険見直しラボで無料相談!

 



ブログランキングに参加中
記事が参考になったら、ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ